会計士.job

さあ、自分にあった働き方を見つけよう
公認会計士のためのワーキングプラットフォーム

MENU+
会計士コラム

公認会計士による新規上場企業の財務分析【株式会社 船場】

公認会計士の視点から、今注目の新規上場企業を紹介し、財務分析を行います。 今回は、「“サクセスパートナー“私たちは商環境の創造を通じて社会の繁栄に貢献します。」という企業理念を掲げ、商業施設の企画、設計、監理、施工を展開している船場について企業分析を行いました。
会社名 株式会社 船場
証券コード 6540
市場 東証二部(上場日:2016年12月19日)
業種 サービス業
事業内容 商業施設の企画、設計、監理、施工事業
設立 昭和37年2月
従業員数 408人(平成28年9月30日現在)
代表取締役 栗山 浩一
事業戦略 単なる店装業の枠組みから脱皮して、クライアントの要望を追求する企画力、人、街、自然の親和を追及するデザインワークのソフト面と、利便性を追求する施工力のハード面の二本の柱を有する総合力のあるグループへと成長を目指しています。
  平成23年12月期から平成27年12月期(以下、当期)までの財務情報を用いて、公認会計士の視点から財務分析を行いました。

会計士の5期間財務分析

売上推移

会社の利益構造

会社の資本構成

PER(予想株価収益率)

企業価値に影響を与える外部的要因