会計士.job

さあ、自分にあった働き方を見つけよう
公認会計士のためのワーキングプラットフォーム

MENU+
会計士コラム

公認会計士による新規上場企業の財務分析【FCホールディングス】

公認会計士の視点から、今注目の新規上場企業を紹介し、財務分析を行います。

今回は、道路設計、都市・交通計画に強みを持つ株式会社福山コンサルタントを傘下に置く、株式移転によって設立された株式会社FCホールディングスについて企業分析を行いました。。
会社名 株式会社FCホールディングス
証券コード 6542
市場 東証JASDAQスタンダード(上場:2017年1月4日)
業種 サービス業
事業内容 建設コンサルタント事業を行う傘下グループ会社の経営管理およびそれに付随する業務
設立 2017年1月4日
従業員数 238人(平成29年1月4日現在)
代表取締役社長 福島 宏治
事業戦略 社会資本整備の点検・診断・対策等の建設コンサルタント業務を行っています。
株式会社FCホールディングスはいわゆるテクニカル上場であり、新設会社であるため、組織再編対象会社となっている株式会社福山コンサルタントの平成24年6月期から平成28年6月期(以下、当期)までの財務情報を用いて、公認会計士の視点から財務分析を行いました。

会計士の5期間財務分析

売上推移

 

会社の利益構造

   

会社の資本構成

 

PER(予想株価収益率)

 

企業価値に影響を与える外部的要因