会計士.job

さあ、自分にあった働き方を見つけよう
公認会計士のためのワーキングプラットフォーム

MENU+
会計士コラム

公認会計士による新規上場企業の財務分析【株式会社日宣】

公認会計士の視点から、今注目の新規上場企業を紹介し、財務分析を行います。

今回は、テレビ番組情報誌「チャンネルガイド」の編集・制作等を行う広告会社、株式会社日宣の企業分析を行います。
会社名 株式会社日宣
証券コード 6543
市場 ジャスダック(上場日:2017年2月16日)
業種 サービス業
事業内容 広告・セールスプロモーションを中心としたコミュニケーションサービス全般の提供
設立 1953年3月11日
従業員数 103名(平成28年11月30日現在)
代表取締役社長 大津 裕司
事業戦略 放送・通信コンテンツビジネス、売り場密着型メディアの発行・運営を行うメディアプロデュースビジネス及び大手住宅メーカーのプロモーションサポート等を行うソリューションビジネス等を展開しています。
平成24年2月期から平成28年2月期(以下、当期)までの財務情報を用いて、公認会計士の視点から財務分析を行いました。

会計士の5期間財務分析

売上推移

 

会社の利益構造

   

会社の資本構成

 

PER(予想株価収益率)

 

企業価値に影響を与える外部的要因