会計士.job

さあ、自分にあった働き方を見つけよう
公認会計士のためのワーキングプラットフォーム

MENU+
会計士コラム

公認会計士による新規上場企業の財務分析【株式会社ロコンド】

公認会計士の視点から、今注目の新規上場企業を紹介し、財務分析を行います。

今回は、靴とファッションの通販サイト「LOCOND.jp」を運営する株式会社ロコンドについて企業分析を行います。
会社名 株式会社ロコンド
証券コード 3558
市場 マザーズ(上場予定日:2017年3月7日)
業種 小売業
事業内容 通販サイト「LOCOND.jp」の運営、プラットフォーㇺサービスの提供
設立 2010年10月22日
従業員数 70名(平成28年12月31日現在)
代表取締役社長 田中 裕輔
事業戦略 「自宅で試着、気軽に返品」できる、靴とファッションの通販サイト、「LOCOND.jp」を軸とする「ECサービス」とECサービスで構築したIT・物流インフラ等を共有・活用した「プラットフォームサービス」を運営しています。
平成24年2月期から平成28年2月期(以下、当期)までの財務情報を用いて、公認会計士の視点から財務分析を行いました。

会計士の5期間財務分析

売上推移

  • 売上高は概ね増加傾向にあります。
  • EC事業は受託型と買取型に分類され、受託型は「LOCOND.jp」に各ブランドがテナント方式で出店するもので、同社は在庫リスクを負わず、販売された商品の手数料を受託販売手数料として計上します。買取型は同社が商品を仕入れ在庫リスクを負担し、販売を行うセレクトショップ型事業です。なお、受託型の取扱高が商品取扱高の9割近くを占めています。
 

会社の利益構造

  • 同社は当期が第6期であり、事業拡大のための先行投資を行った結果、5期間赤字となっています。しかし当期に赤字幅は縮小しており、平成29年2月期第3四半期には広告宣伝費の効率的な運営により黒字となっています。
   

会社の資本構成

  • 当期末の自己資本比率は58.2%で前期の▲19.1%から大幅改善しています。これは主に第三者割当増資や転換社債型新株予約権付社債の新株予約権の行使によるものです。
 

PER(予想株価収益率)

  • 当期は赤字のため、平成29年2月期第3四半期の四半期純利益をもとに計算したPERは22.4倍となります。
 

企業価値に影響を与える外部的要因

  • インターネット関連市場の拡大に伴い、インターネット通信販売事業者の増加、各ブランド自身によるインターネット販売への展開、競合他社による新たな付加価値サービスの提供等がなされた場合、また、競合他社との間に価格競争が生じた場合には、同社の競争力や収益力に影響を及ぼす可能性があります。